コロナ対策で必要なこと

皆さんこんにちは。戸田市の就労継続支援B型作業所「つばきガーデン」の利用者のTSです。

本日のブログのテーマは久しぶりの「政治」にしたいと思います。

ニュース番組ではコロナの感染拡大の報道がメインとなっていることがほとんどですが、それに関連して、菅内閣のコロナ対策や今後の政局の予想などが活発になってきました。

きっかけは先日の横浜市長選挙で与党や菅首相が支援した候補者が野党が支援した候補者に大差で敗れるという波乱があったことです。

横浜市は菅首相の地元であり、そこで首相の最側近であった候補者が大敗したことにより、有権者の政権不信が露呈し、菅首相の求心力がさらに弱くなるのではないかという見立てがニュース番組などで盛んに見られています。

個人的にも菅内閣のコロナ対策はとても評価できるものではないと思います。

菅首相が就任して以降、何だか同じことを繰り返しているだけの気がしますし、あまり目立った策を講じることができていないと思います。

ただ、コロナの問題に関しては、たとえ菅首相でなくても、そう簡単に封じ込められるものではないと思います。感染拡大を抑え、どう収束させるかということを具体的な策をもって考えるのであればなかなか難しい問題です。

コロナ対策で菅首相の力量として問題があるとすれば、それは「発信力」に尽きると思います。

菅首相の記者会見や国会答弁、国民に呼びかけるときの様子を見ると、どこか棒読みで、熱がこもっていないように感じます。

おそらく同じように感じている人は少なくないのではないでしょうか。

国民は皆、自粛生活に加え、場合によっては生活の基盤さえ脅かされる状態にまでなっているにもかかわらず、菅首相の呼びかけには、そうした国民の辛い状況をあまり理解していないように感じてしまうことが多いと思います。実際のところどうなのかはさておき、これでは国民が本気で感染拡大防止に協力しようと思わなくなります。

加えて、医療従事者などのコロナ対策にあたる現場の人たちの声や、地方自治体の声、政府の分科会などの専門家の声に、謙虚に耳を傾けようとする姿勢も国民にはあまり伝わっていないでしょう。

菅首相がコロナ対策でここから形勢逆転し、国民から支持され、信頼される総理大臣を目指すのであれば、まずは対策にあたる姿勢を改める必要があるのではないかと思っています。

もし、衆議院選前に首相が交代するということであれば、新しい首相には「発信力」に期待したいですし、現在の野党にも本気で政権交代を目指すなら、自らのイデオロギーやプライドに左右されず、国民が何を求めているかを感じ取り、期待に応えられる政策を示すのが良いと思います。

今回のブログは久しぶりに政治にかんして突っ込んで書いてみました。少しでも共感してもらえたり、政治に関心をもつきっかけになればいいなと思っています。

お読みいただきありがとうございました!